日々のあれこれ

日々のあれこれを呟きます。関西を愛するオバサンのブログ

おっさんずラブ in the sky 番組レビュー

おっさんずラブ in the sky 2nd flight空港の中心で愛をさけぶ 感想

投稿日:

今日も感想と言う名のツッコミで
堅苦しくやらせて頂きます。
ドラマだとわかってますが杓子定規に攻めてまいります。

おっさんずラブ in the sky Twitter

おっさんずラブ in the sky 2nd flight空港の中心で愛をさけぶ 概要

2019年11月9日(土) よる11:15~

2nd flight空港の中心で愛をさけぶ

新人CA・春田(田中圭)が、転職初日に見つけてしまった大量のデッサン…
それを描いたのは、なんと同じ寮に住む兄貴分の整備士・四宮要(戸次重幸)だった!
動揺する春田だが、四宮は、春田以外の職場の仲間たちを描いた他のデッサンを見せ、
「絵を描くのが趣味なんだ」だと爽やかに説明する。

一方、副操縦士・成瀬(千葉雄大)が春田にキスをした理由が、
“男と別れるため”だったと知り、
「俺を巻き込むのはやめてくんね?」と問い詰める春田だが、
その裏で、成瀬がパワハラ疑惑をかけられ、
パイロット資格はく奪の窮地に立たされていることを知る。

そんな中、春田を巡る恋の乱気流を目撃してしまった機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)は
胸にかすかな痛みを抱えていた――。
いつにない自分の状態に疑問を抱き、「まさか乗務に影響のある病気では…」と
至急診療室に駆け込むが、なんと医師から「恋の病では…?」と告げられる。

そんな黒澤の想いなど露知らず、春田と広報部員の橘緋夏(佐津川愛美)は、
ひょんなことからデートに出かけることに!

しかしデートの約束をした翌朝、春田は突然、黒澤から“空港の中心”に呼び出される。
美しい飛行場の夜景を背に、黒澤は絶叫。
「ぶっちゃけ、春田君のこと、好きになってもいいですかーーーーーー!?」

ご搭乗の皆さま、ただいま激しい恋の乱気流が発生しております。
心のシートベルトを、しっかりお締めください――。

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove-inthesky/story/0002/

2nd flight空港の中心で愛をさけぶに感想と言う名のツッコミ

四宮さん春田を見る目が怖い。
職場で盗み見しながらも、スケッチブックを隠すことなくお絵かきはあり得ない。

恋するキャプテン、不意に涙が出てしまう所で、
思わずこっちは吹き出したわ。ええぞ黒澤!
「す・・」の続きは恐らく「好き」なんだが、
それを言わずに堪えてしまう所はギャップ萌えする(笑)
苦しいくらいの恋煩いを定年まで数年のお年頃でも、
することもあるんですね~。

成瀬は逆に誰とでも・・するんですね。
軽いよね~。

四宮さん、デッサン今も書いてるくせに、
デッサン事件を黙殺しようつするところは、
鉄のメンタルなのか真逆なのか謎です。

絵心あるのは分かりますが、他の人と、
春田さんのモデルの比率が違いすぎます(笑)

「春田勘違~い」可愛い!ってか?

社内に部外者が入れるのがあだになってしまい、
貰い事故で顔をネットにさらされる春田さん、お気の毒です。
甘々のセキュリティ、さすがドラマやなぁ。

有栖川さん成瀬に激おこぷんぷん丸(死語?)
事の発端になるパワハラ発言現場が、
ディレクターズカット版しかないので、
どんなパワハラを受けたのがが全く分からない状態なのは、
ちょ~~っと視聴者に不親切ではないかい?

そして成瀬さん。ネットに誹謗中傷が拡散されてるのに、
黒澤さんに「何も言う事はありません」はないでしょ?
「火のない所に煙は立たぬ」って言いますやん。
実際火を立ててるし。

スポンサーリンク

黒澤さんも「春田君とキスしてたじゃ~~ん」と、
嫉妬メラメラでここもコミカルですな。

春田さんも、一番下っ端のわりに、
先輩を呼び捨てってこれもまた凄いな~と思います。
ま、先輩自ら「ミッチーと呼んで」
「アリスでいいです」って言ってるからOK?
しかし職場ではため口はやめた方がいいと思うなぁ。

そしてミッチーも成瀬に激おこぷんぷん丸(またも死語)
なんなんでしょう?やっぱり言い方に問題ありなんだろうな。
春田さんも後から成瀬に指摘するけど、
同じこと自分も思うわ。
アドバイスするような言い方と、
上から突き放すように言われるのとでは、
受け止め方も変わって来るし。

やっぱり春田の先輩方への口の利き方もありえん。
年下でも先輩を「お前」はないわ。
まぁ、成瀬もミッチーを「お前呼ばわり」してるから、
この会社はそういうのオッケーなのでしょう。

成瀬、私も人の領域にガツガツ入ってくる人は嫌いだけど、
歯をちゃんと直しましょうね。
下の段の歯が気になって仕方ない。

口の利き方が出来てない人が、人に口の利き方を指摘するって草生えます。

四宮さ~んとお茶する緋夏ちゃん。
人のイチゴは勝手にとってはいけませんよ(笑)
勝手にとれてしまうほど、気ごころ知れてて羨ましい関係性ではあるけど。
そして、最後まで取ってた自分が悪いと己を責める四宮さん。
マジで怖いです。ドン引き~。

黒澤キャプテンに「恋の病」と診断する産業医。
・・・・・・・・・・。なんて言っていいのか分からない。

そして春田から成瀬の相談を持ち掛けられ、
社員寮に来て欲しいと言われて「おうち?」とうろたえる黒澤。
お茶目で可愛いやんか。おっさんなのにヒロインの本領発揮ですね。

寮では四宮さんの領域にガツガツ言ってる成瀬さん。
どの口がそれを言うかな~~?
そして、挑発して不幸体質を指摘する。
あんたこそその偉そうな口調辞めないと、
幸せ掴めないんじゃないですか?

春田じゃないけどムカつく~。

寮に帰って成瀬にパワハラの事について忠告するも、
聞き入れてもらえずムカつく春田。
もしかして、この頃くらいから成瀬を意識し始めてるのかな?

パワハラ騒ぎでシフトから外された成瀬さん。
成瀬さんに怒り心頭なアリス。
アリスさんは自分が失敗したのが原因で責められたことを棚に上げ、
会社にパワハラ報告をやらかしたことが発覚。

そこへ駆け込むディスパッチ。
お客さんの往来もある場所で大声で「懲戒委員会」なんて言うかな?
これこそ「慎みなさい!」ですわ。

懲戒委員会であわや謹慎になりそうだった成瀬さん。
間一髪で四宮さんが駆け込んで助け船。
そして春田も助け船を出しつつ「こいつじじいなんです」
「じじい」って中の人が、別の映画の現場で、
共演者から「じじい」と呼ばれてたことを引っかけてるのかなと、
勝手に推測しています。

「将来すっごいパイロットに・・」うん惚れてるかも。

最後のカッコいい所を持っていくキャプテン。
これは年の功なのか。

懲戒委員会で不問となった成瀬さん。
思わず笑みがこぼれるも、春田さんの前では「笑ってない」と、
歯向かったあとのちばしり。
これはわざとでしょうか。
走る姿で笑いを取るなんてズルい(笑)

屋上では春田さんに「ほの字」な二人。
「ほの字」って何十年ぶりに聞いた(笑)

しかし抜け駆けしようとしないキャプテン。
「言ってもいいんだな!」堂々としててカッコいいです。

そして後日本当に「好きになってもいいですかーーーー!」
祈る姿は乙女でした。OKが出たと小躍りする姿も可愛いです(笑)

この鐘も関空にあるらしいですね。
密にならない状況なら聖地巡礼したいかも。
バックのライトがハート形もメルヘン。

緋夏とのデートで負傷して、介抱してもらううちに良い雰囲気。
男からモテても女性が好きのかなと思える場面です。

緋夏の実の父親が黒澤キャプテン。
父と娘が恋敵なんて斬新なドラマ。。

これからはこんな作品も、
もしかしたら増えていくかもしれないですね。
色々と壁が取っ払われてきている世の中なので。

堅いツッコミですみません。

TVreやGyao!などで配信があるので、
気になる人はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

-おっさんずラブ in the sky, 番組レビュー

執筆者:

関連記事

チコちゃんに叱られる なんで鼻に水が入ると痛いの?4月3日放送分

ごぶごぶ9月3日浅野ゆう子~地元・神戸のオシャレで美味しい「美食」2回目

前回の続きから ごぶごぶ8月27日浅野ゆう子~地元・神戸のオシャレで美味しい「美食」 見た目以上に、食べる姿が気持ちよい女優さん、浅野ゆう子氏のです。 ロケ概要 神戸元町商店街からスタート 食パンの並 …

ごぶごぶ正月スペシャル 中山美穂 懐かしい人たちとも再会

お正月スペシャルで中山美穂さんご登場。 もくじ1 ごぶごぶ正月ゲスト 中山美穂とは?2 ごぶごぶ正月スペシャル概要3 ごぶごぶ正月スペシャル ロケ地3.1 本家柴藤3.2 Hi!SandWich3.3 …

ごぶごぶ9月17日南野陽子~大阪各テレビ局の人気番組スタッフおススメのご飯処巡り

9月10日放送分の続きからです。 前回は毎日放送に来た所までで終わりましたが、今回はどうなることやら・。 2019年9月17日23:56放送分ごぶごぶ 南野陽子とは 前回の記事参照 ごぶごぶ9月10日 …

星星のベラベラEnglish じめじめするを英語で言うと? 6月24日放送分

番組Twitter #星星のベラベラENGLISH 🐼✨ ☀️暑い日が続きますが… 湿気がすごくて「じめじめする☔&#xfe0f …

ランキング参加中です!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

人気記事

まだデータがありません。

アーカイブ

カテゴリー

  • 439,454 アクセス