日々のあれこれ

日々のあれこれを呟きます。関西を愛するオバサンのブログ

ドラマレビュー

【高嶺の花】格差恋愛…最終話。俺は英雄になる!!!

投稿日:

画像はイメージです

高嶺の花 第十話 あらすじ

もも(石原さとみ)は、千秋(香里奈)が直人(峯田和伸)を誘惑する様子を電話で聴いていた。
ももを忘れられなくてもいい、最初は浮気でいいから、と迫る千秋。
そんなやり取りに傷つきながらも、ももは電話を切れない。あの手この手で誘いをかける千秋に、直人は……。
すべてを失った龍一(千葉雄大)と、ともに生きていくと決めたなな(芳根京子)。
彼女は、次期家元の座を降りて月島家を離れたいと市松(小日向文世)に申し出る。
市松は、なぜかその望みを聞き入れて、ななを即座に破門する。
ななの決断を知ったももは思いとどまらせようとするが、ななの決意は固かった。

その頃、龍一は市松と会っていた。ななが家元になりたがらないことすら、市松には織り込み済みだった。
市松は龍一に、ももとの縁談を持ち掛ける。ももと結婚して月島流を支えれば、
神宮流を率いる兵馬(大貫勇輔)に勝つことさえできると言われ、龍一は……。
その直後、龍一は姿を消し、ななにも連絡が取れなくなる。
そしてななは、ルリ子(戸田菜穂)から、市松がももと龍一の縁談を進めていると聞かされる。

月島家に戻ったももは、次期家元として正式に認められる。
直人を呼び出し、月島流を継ぐことになったと知らせるもも。
彼女は直人に、これまでの感謝の思いを語り、本当の意味で一人で立てるようになりたいと、別れを告げる……。

引用:番組公式

テレビ見ながら実況(ネタバレ注意)

ハニートラップを仕掛ける千秋。
しかしぷーさんは「これドッキリですよね」といい応じなかった。

千秋はももの事がまだ好きでもバレなければいいと、更に言いつのるが、
「バレなければいいって犯罪者の理屈ですかね?」といい、
浮気してる間は、彼女やオクサンの事を忘れているから人は浮気が出来ると話し、
ぷーさんは今でもももが忘れられない。顔が浮かんでいるから浮気は出来ないと答えた。

そして好きな人に裏切られたらぶっ壊れてしまうような女性がいいと言う。

女性を分厚い湯飲みと、高嶺の花のティーカップに例え、
高嶺の花のティーカップを大切にするからティーカップの方が壊れないと言った。

ななは家元を降りたいと市松に言うと、市松は即座にななを破門した。

その頃ぷーさんは田村や原田に、千秋からのハニートラップに引っ掛からなかったことをばらされていた。

ななは宇都宮の次の仕事の目処がつくまで、ももの所に置いて欲しいと押し掛けてきた。
ななはお花を嫌いになりたくないから、華道を辞めたいと家元にいい破門された事をももに伝えた。
ななは肩の荷が下りたと安心していた。

その頃、家元と宇都宮は庭園にいた。
ななが破門される道を選んだ事を宇都宮は自分のせいと思い詫びた。
しかし家元はいずれ、ももが家元を継いでも実子でないことが漏れ伝わり、
ななが神輿を担がれ、お家騒動が起こると予想したいた。

宇都宮とももの婚姻を進めたいと家元は言った。
ももは華道から離れたら体調を崩すほど華道にのめり込んでいた。
その天才華道家のももが戻ってきたら、宇都宮にとって憎き兵馬がももにひれ伏す所を見たくないか?と家元は更に言った。

家元と別れて一人になった宇都宮は、ももにひれ伏す兵馬を想像し高笑いをした。

ももは月島家の時期家元になる事になった。

その頃宇都宮は、ななやルリ子に告げずにマンションを引き払ってた。

家元になると決めたももは、プーさんに手弁当を作り、別れを告げに来た。

今までは蘊蓄を話して、ももの別れ話を交わしていたプーさんも、
ただならぬ雰囲気に狼狽していた。
そして、The End

ぷーさんは友人たちに囲まれながら、自宅でももの手弁当を泣きながら食べた。
宗太が摘もうとして取れなかった高嶺の花を、富士の樹海に摂りに行くと言い出した。
最初は呆れてた原田も、ぷーさんの熱意に押されて花を摘みに行くことにした。

その頃ももは、家元お披露目の為に華道に励んでいた。
華道の手を休めて家政婦の金と銀から、生前の生みの母親の事を聞いた。

ももは生みの母、チエコの華道の腕前が知りたかった。
チエコは市松と結婚した時に華道を辞めたそうだ。

ももはチエコに「もう一人の自分が見えなくなったから?」と尋ねると、
家政婦はチエコはそんなレベルにも達していなかったと言った。

チエコは才能のある華道家だったが、チエコの才能に嫉妬した家元は
「これは月島流の華道ではない」と家元がチエコの作風を嫌ったので、
華道を辞めたのだった。

プーさんと原田たちはタクシーで富士の樹海まで飛ばし
「高嶺の花」を摘みに来るが、高い岩場の上にポツンと咲いた「高嶺の花」
田村や原田たちは摘むのを諦め、写メを撮って帰ろうとするが、
プーさんは岩の傍にある木に登り、花を摘みに岩の上に登ろうとした。

「俺は英雄になる!」と叫び、足場にしていたを蹴り上げた・・・。

スポンサーリンク

後日、もものマンションにプーさんが生けた「高嶺の花」が飾られていた。
プーさんは高嶺の花を手にして、ももに贈ったのだった。

そして、ももは自分の華道をすると決心する。
そして、実の父親の高井を許して和解した。

ももは新しい流派を起こしたいと、家元にいい俎上を始めた。

プーさんは高嶺の花を摘むときに木から転落して、入院していた。

ももはプーさんへの思いを込めて花を活けていた。
審査員はももの作品に圧倒されて、菊の花で票を投じた。
市松も票を投じて、ももの新流派立ち上げを許した。

宇都宮は北海道で競走馬を育てる仕事に就いてた。
ななは、牧場に押し掛けて一緒に暮らす決心をした。

プーさんが退院した日、自宅の自転車屋には花がいっぱい飾られていた。
部屋ではももが三つ指ついて、挨拶をした。

プーさんは信じられない展開に戸惑いつつも、ももと一緒になると決めた。
ももには家政婦の金と銀も一緒について来る事になった。

後継者がいなくなった月島家。
ルリ子は「もう一人産んで見せる」と宣言する。

日本一周自転車の旅から宗太は帰ってきた。
自転車を返しに来て、お礼を言った。
出掛ける前の「ふざっけんな」しか言わなかった頃と、表情が変わっていた。

商店街の皆から出迎えられ、宗太を学校でいじめてた生徒たちも「お帰り」と出迎えた。
そして、一番わだかまりがあった母親には「もう大丈夫だから」と和解した。
富士の樹海の自殺志願者だった「イルカさん」も、宗太を出迎えた。

ももはいつかの植物園で生け花教室を開催していた。
プーさんは今まで通り、自転車屋を営んだ。

ももの苗字は「風間」になっていた・・。・

早くもDVD発売決定です。

【送料無料】 「高嶺の花」DVD BOX 【DVD】

ざっくり感想

宗太の表情の変化が一番個人的には感動したかも。
私も、自分の殻を破らないといけないなぁっと思いました。

頭で思うのは簡単だけど、実行はなかなか難しいですよね~。

格式や伝統を捨てて、新しい自分の華道をする事にしたもも。
一皮剥けた生け花が見られることでしょう・・。

なーーんて、華道はど素人の私が言っても説得力ないか。

私も自転車一周の旅はしないけど、そろそろ自転車通勤がしたくなりました。
通勤しながらダイエット。なんて素晴らしい。

北海道で馬と生きる事にした宇都宮となな。
草と一緒に生きるのは、今までと一緒ですが、今度は餌やし尿の臭いとも向き合う事になりますが、
お嬢様のななはどこまで頑張れるか・・続編があるなら見たいかも。

宇都宮のトラップに引っ掛かったルリ子。
やり方は間違っていたけど、月島流を絶やしたくない気持ちだけは人一倍あった人だったんですね。

市松、一番よくわかりませんでした。

高井さん。我が子の傍にいながら、実の父と名乗れないってどれだけ辛いか想像できないです。

私も、自転車をどっかに突っ込んだら運命的な出会いはありますかね(笑)

ネットニュースでは、ももを演じた石原さとみは「最終回から撮りたかった」と言ってたとか。
植物園の華道教室のシーンらへんが、そんな感じに見えました。

婚約破棄から始まり、実子ではないとか、もう一人の自分の為に誰かを傷つけるとか
一人の人間の半生にしても、凝縮されてる役ですからね。

きつかったと思います。

楽しませて頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

-ドラマレビュー

執筆者:

関連記事

【月9】絶対零度~未然犯罪潜入捜査~#8 殺人は花嫁のために~レビュー

※画像は著作権の関係でイメージ画像しか使いませんので悪しからず。 絶対零度~ストーリー#8~プロローグ 東堂(伊藤淳史)は、新たな危険人物・砂田繭美(白石麻衣)の捜査を指示する。 繭美は、市役所の戸籍 …

【月9】絶対零度~未然犯罪潜入捜査~#最終話 復讐者に憐れみを~

※画像は著作権の関係でイメージ画像しか使いませんので悪しからず。 絶対零度~ストーリー#最終話~プロローグ 井沢(沢村一樹)は、誘拐ビジネスを手がける犯行グループに拉致された山内(横山裕)の救出に向か …

【月9】絶対零度~未然犯罪潜入捜査~#7集合住宅に潜む殺人者~

※画像は著作権の関係でイメージ画像しか使いませんので悪しからず。 絶対零度~ストーリー#7~プロローグ 井沢(沢村一樹)たち“ミハン”チームは、田村(平田満)の死に大きなショックを受ける。 法で裁けな …

【高嶺の花】格差恋愛はどうなる?石原さとみのキャバ嬢姿に萌えまくり!

画像はイメージです 高嶺の花 第二話 あらすじ 月島流の大切な行事に登場し、見事な作品を創り上げたもも(石原さとみ)。 彼女のもとに直人(峯田和伸)から電話が来る。 直人は、ももをキャバクラ嬢と勘違い …

【月9】絶対零度~未然犯罪潜入捜査~#9最強SPの悲しき殺人~

※画像は著作権の関係でイメージ画像しか使いませんので悪しからず。 絶対零度~ストーリー#9~プロローグ 井沢(沢村一樹)たち「ミハン」チームは着々と成果を上げていた。 それを受け、警視庁上層部は、国家 …

人気記事

まだデータがありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • 122,523 アクセス