日々のあれこれ

日々のあれこれを呟きます。関西を愛するオバサンのブログ

職場でのお悩み

【モラルハラスメント】職場のいじめっ子は許さない。対策と反撃

投稿日:

この記事をご覧のアナタ。日々のお勤めお疲れ様です。
職場で理不尽な目に遭ってませんか?
悔しくて枕を涙で濡らしてませんか?

ワタクシの日ごろの鬱積発散とともに、
悩んでるアナタの参考&「私だけじゃないんだ」と少しだけでも元気を取り戻して貰えたら…
と願いつつ、この記事を発信します。

憎きモラルハラスメント女、記事中では「モラ子」と名付けて、
奴から受けた心の痛手とともに、この記事に託して、

恨み晴らすメントです。

スポンサーリンク
  

モラ子発見器~たかが席替え、されど席替え~

とある春の新年度、私の所属部署も入る部屋が席替えをする事になりました。
ずっと壁の花だった私は、今度こそ壁際以外の座席に行きたいと思いました。

その意向も、当時の上司は汲んでくれるはずでした。
そうなるような予告もされてました。

しかし、モラ子によってぶち壊されました。

モラ子は在籍期間だけは長い奴でした。仕事はのろい、ミスもしょっちゅう…
お~っと、これ以上言ったらこっちがハラスメントと言われてしまう。

当時、その場に居合わせた人の話も併せての流れになりますが、
席替え直前のモラ子は、直属の上司に「今日だけは言わせて欲しい」といい。
自分の気に入らない人間が、視界に入らないよう座席を組むように、
長時間にわたって直訴しやがったのです。

とてもデリケートな表現もあったので、こんな話人のいないところでやりやがれってなもんですが、
自己中の極みのモラ子にはそんな頭はありませんでした。

お前も止めろよ馬鹿上司!とも思ったけど、日々の業務に加えての席替えのもめ事で疲れていたのか、
別室にモラ子を連れて行く頭は回らなかったようです。

その要求の言い方は酷いものでした。

上司とモラ子で業務の紙を開いて…

●●業務・▽川/〇山/◆田…

と紙に印刷されてたとすると、
嫌な人が、▽川さんと、◆田さんだったとして、
まず、「▽川」さんの名前を指さして
「コレが近くだと、物差し投げたくなっちゃう。」
もう一人の嫌な人、◆田さんの名前を指して
「コレが視界に入ったら、精神病んじゃう。」

はぁ!てめえ小学生か?
ガキの嫌がらせか?

名前出さなかったら何を言ってもいいと思ってんのか?

モラ子みたいな奴といる方が、精神病むわ!

私は、その場で嫌みで応戦したいのを堪えながら、
じっと業務に打ち込むしかありませんでした。

今にして思えば、「その発言レッドカード!」って冗談めかしてでも言ってやればよかったかも。

モラ子のしてることはハラスメントに当たるか否か

私は、イライラし、久しぶりに過呼吸になりました。

そして、モラ子の言動はハラスメントになるか否かですが、
「ハラスメントの定義」からいくと、聞いた側が不快に思えば、
それが名指しじゃなくても、悪気は無くても「ハラスメント」に当たります。

モラ子は普段にこやかな顔をしてるので、その暴言にショックを受けたし、
腹も立ったので、名前は出さずに他の部署の友人に

「うちの部署に、『〇〇が視界に入ったら、精神病んじゃう。』って言うやついるねん。」
っとぼやいたら。

「それって人権侵害やん」って言われました。
人権侵害とはちょっと違うかもだけど、相当な侮辱と取れる発言には違いないと思います。

モラ子は「ここまでは言い過ぎ」という境界線が他の人より甘い人みたいです。
別の日にたまたまモラ子が発していた言葉に、「『タヒね(実際にはストレートな表現)』って言ったら↑(会社のコンプライアンス)がうるさいから言われへんけど、思うことない?」って大声で話してるのが聞えてきました。

「〇ね」でないと、コンプライアンスを意識できないあたり、かなり残念な大人のようです。

上司にクレーム報告とモラ子について聞く

モラ子の問題発言の翌日、出社拒否したい気持ちを堪えながら、
モラ子の対応をした上司の所へ、早めに出勤して苦情を言いました。

「今回の席替えは、課長の指示に従いますが、モラ子の発言は許せません。
今日、ここに来るときに久しぶりに過呼吸になりました。」
「席は変わらなくていいけど、モラ子と同じ部屋にいるのは嫌なので部署ごと移動してほしいです。」
「そして、たかが席替えでここまで揉めることにもビックリしました。」

後日席替えが済んでみたら、私は移動ナシ。
モラ子の視界に入らない所でした。

どうやら私はモラ子の疫病神だったようです(失笑)
その言葉そっくり返したるわ。

話しを戻して、上司はモラ子との話を別室でしなかったことを謝ってきました。
「モラ子と一緒に仕事をして5年ほど、何年たっても変わらない。モラ子は自分の事しか考えない。」
そして「この部屋にいるのが嫌なら、自分が出ていくしかないよ。」とまで言われました。

その言葉通り、上司は数か月後転職先を見つけて辞めて行きました。

スポンサーリンク

「何年たっても変わらない。」の言葉から、モラ子の気に入らない人を排除は前からあったようです。

モラ子への怒り爆発

直属の上司も辞めてしまい。
上司が別の人に変わった中、モラ子への怒りも燻ぶりつつ日々過ごしてました。

うちの職場は昼食以外に、午前と午後に休憩があるのですが、
それ以外にもトイレに立つことだけは許されてます。

本当に狙ってトイレ休憩なんて取ってないのですが、たまたま本当の休憩時間より少し前にトイレに立ったことが続いた私。

遠くからモラ子が休憩室で「トイレ休憩わざと取ってるんちゃうか!」と何度か大声で言ってるのが聞えて来ました。

でも、わざとトイレ休憩を取ったとして、「それが何か?」です。
離席も10分も20分もしてるわけではないし、
工場の生産ラインみたいに、誰か欠けたらすべての業務が止まってしまうような仕事じゃありませんから。
単に目障りだからって理由で、言いがかりをつけてくるなら、これも「ハラスメント」です。

別にわざとトイレに立ってるわけでは無いから、完全無視をしていたのですが、
翌日たまたまモラ子が仲のいい、係長に「『トイレにわざと立ってるやろ』って聞こえるように言ってやった。」と自慢毛出してる所を立ち聞き・・
いや、モラ子ならわざと聞かせたかもしれないですが・・・。

これで、長きにわたり燻ぶってた怒りが爆発しました。
っと言っても、その場で怒りに任せてまくしたてたわけではありません。

一旦持ち場に戻り、心療内科で処方された頓服を取りに行って、
改めて「薬飲みたいから、もう一度外します。」と、上司に了承をもらって薬を飲みに行きました。

誰もいないトイレで怒り爆発
「うるせぇ!あんたは小姑か!!!これで私が膀胱炎になったらお前が治療代出すんか!」
隣の男子トイレに聞こえない程度の声で怒鳴りまくり、給湯室で薬を飲んでクールダウン。

まだモヤモヤしつつも、持ち場に戻ろうとしたら、後任の上司が休憩を取っていたので
「私、モラ子にキレるかもしれません。(すでにキレてますが(笑))」とつぶやいたら、
ソッコー会議室に連れていかれ、数か月前の席替えの所から話しました。

今の上司は、モラ子がそんな発言するなんて信じられない様子。

モラハラをする人は、ターゲット以外には人当たりがいいので、パワハラほど表に出にくいのです。
私だって、ありもしない事をでっち上げて、人を陥れるほど腐ってませんよ。

上司と話し合った事

上司も、「働きやすい環境」を作るのが仕事の一環。
という事なので、モラ子から何か言われたら報告するように…との事でした。

そして、休憩時間以外で気分が悪くなった時も、上司から了承があれば休んでいいと言われました。
モラ子がなんと言おうが、気にしなくていいと。

私の場合、たまたま怒り頂点の時に上司が通りかかったから、このような流れになりました。

だけど、その上司があてにできない場合も、職場によってはあると思います。

「法テラス」「労働局」なども、無料でモラハラの相談は出来るので、一人で抱え込まないのは大事です。

今後の対策は

単純明快に「休憩時間はモラ子の近くにいない」ですね。

それでもやむを得ない場合は、ひそかに録音機を忍ばせるのが保険でしょうか。

職場に録音機器を持ち込むのを禁止にしてる職場は多数ありますが、
法律での罰則はありません。

ただ、録音内容を流す場所は留意しないと、情報漏洩になる可能性があるので、
そこだけは要注意です。

それに、今の職場飽きちゃったし、転勤できないなら、転職やむなしかな~。

今より条件のいい所に転職できたら、ある意味モラ子へのリベンジと言えるかもしれないです。

スポンサーリンク

-職場でのお悩み

執筆者:

関連記事

仕事の休憩時間くらい一人で過ごしたい…一人で過ごす方法を考えてみる。

前回の記事を受けて、実際に仕事の時間の昼休みを一人で過ごす方法について考えてみたいと思います。 前回の記事の職場環境は大体以下の通りです。 ●同じ部署同士、一斉に休憩に入る ●節約しないといけないので …

昼休み位一人で過ごしたい。。一人になりたい理由編

会社のランチタイムの憂鬱 新しい会社、新しい異動先での先輩・同僚・後輩とのお昼休み。 すごく楽しみな人もいれば、憂鬱になる方もいらっしゃると思います。 ここでは会社での昼休みでの話題で憂鬱になる会話の …

女性の多い職場で面倒くさくも腹立たしい上司からの無視への反撃考察

女性の多い職場にお勤めのアナタお疲れ様です。 女性の多い職場って疲れませんか? 女性のアナタは女である事が嫌になり。 男性はのアナタは女性不信になる方もいらっしゃるかも知れないですね。 この記事は女性 …

派遣先でのイジメに対する反撃の方法【私の体験】

このブログを読まれてる方で、現在派遣スタッフとして働かれてる方はどれだけいらっしゃるでしょうか? 終身雇用や、年功序列なんて遠い昔の話なので、結構いらっしゃるのではないでしょうか。 事務系・技術系と現 …

人気記事

まだデータがありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • 115,160 アクセス