日々のあれこれ

日々のあれこれを呟きます。関西を愛するオバサンのブログ

アドベンチャーワールド パンダ

白浜のパンダ彩浜の独り立ちはいつ?独り立ちしたらどこで会える?

投稿日:

白浜の末っ子パンダの彩浜。
日々、SNSであがってくる愛らしい姿には、
パンダ好きなら癒されてるのではないでしょうか?

上野のシャンシャンも可愛いけど、
白浜のまだ独り立ちしていない彩浜が、お母さんパンダ良浜とじゃれる姿は、
この時期しか見られない貴重な「癒しのツーショット」です。

野生のパンダなら2歳になる頃まで、親子で過ごすようですが、
飼育下のパンダは1歳を過ぎた頃位から、「独り立ちはいつになるか?」が気になるところです。

スポンサーリンク

白浜の末っ子パンダ彩浜の独り立ちが決定

公式からとうとう「彩浜独り立ち」が発表されました。
すぐ上のお姉ちゃん「結浜」は独り立ちの後も、
ゲージ越しにお父さんやお母さんに会える、ブリーティングセンターでの展示でしたが、
彩浜はいきなり、更に上のお姉ちゃん方の「桜浜」「桃浜」のいるパンダラブへの引っ越しです。

彩浜独り立ちの発表前から、良浜の体調管理のため良浜がバックヤードから出てこないで、
彩浜が1頭でブリーティングセンターで頑張って過ごしていたのも、
良浜の体調を優先しつつ、彩浜が独り立ちするタイミングを見計らっていたのかもしれません。

親子でじゃれる姿が見られるのもあとわずかです。

かなりおてんばな彩浜なので、桜浜、桃浜の双子のお姉ちゃんとも、
すぐに馴染んでくれたらいいなと思います。

ブリーティングセンターに戻ってくる結浜

その一方でパンダラブからブリーティングセンターに戻ってくるパンダがいます。

パンダラブは、運動場が3つしかなく、一つの運動場に1頭ずつの展示なので、
彩浜がパンダラブに行ったら、1頭ブリーティングセンターに戻らないと、
住む所が無い状態になります。

ブリーティングセンターに戻ってくるパンダは彩浜のすぐ上の姉の結浜。
結浜ははグルメで竹の好き嫌いも多くて、バックヤードに下がってる機会も多いです。

年に2回ほどしかアドベンチャーワールドに行く機会がない私は、
パンダラブに移動してからの結浜は寝てるところか、
他の動物を見てから再びパンダラブに戻ったら、バックヤードに下がってるので、
見る機会が殆んどない状態でした。

スポンサーリンク

7月に行ったときに、かろうじて結浜を撮れましたが寝てる所だけでした。
再び来た時にはバックヤードに戻ってました。

他の人のSNSで見られるような、ガラス越しに桜浜、桃浜と遊んでる姿も見たいと思っても、
ずっとパンダラブに居続けるくらいの根気がないと、なかなか見ることが出来ないです。

幼い頃の結浜です。

お母さんと一緒の時はこれだけ甘えん坊だったから、お姉ちゃんに優しくしてもらえても、
どこか寂しかったのかもしれません。

結浜もお父さんとお母さんにゲージ越しに会えるブリーティングセンターに戻って、
元気を取り戻してほしいです。

彩浜も結浜もそれぞれ頑張ってください!!!

スポンサーリンク

-アドベンチャーワールド, パンダ

執筆者:

関連記事

星星のベラベラEnglis 私も を英語で言うと?5月20日放送分

番組Twitter ペンギンの可愛さに癒されている外国人💓 「私も✨」ってカッコよく伝えたい時… どうやって言ったらいいんだっけ⁉️ &#x2 …

白浜生まれのパンダ愛浜が中国で双子を出産

パンダマニアのワタクシとしたことが、2017年6月12日に白浜のアドベンチャーワールド生まれのパンダ「愛浜」が中国で双子のパンダを出産していたそうです。 ジャイアントパンダ「愛浜(あいひん)」がふたご …

星星のベラベラEnglish がんばれー!を英語で言うと?7月1日放送分

番組Twitter #星星のベラベラENGLISH 🐼✨ レイアの親友のクロエ、あした数学のテストがあるんだって😰 「がんばれー‼&#xfe …

上野の赤ちゃんパンダ名前募集開始

パンダおたくの一面も持つ茶鈴子です。 やっぱりこのニュースはスルー出来ないので記事にします。 いよいよ来る7月28日から上野の赤ちゃんパンダの名前募集が始まりますね♪ 白浜で子パンダが生まれるたびに名 …

白浜の【桜浜・桃浜】祝4歳バースデー!+パンダの食べ物今昔物語

本日、ふたごのパンダ「桜浜・桃浜」の4歳の誕生会を開催し、お客様のアイディアをもとに製作したプレゼントを贈りました!桜浜は少しびっくりした様子でゆっくりとプレゼントに近づき、桃浜は興味津々の様子で楽し …

ランキング参加中です!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

人気記事

まだデータがありません。

アーカイブ

カテゴリー

  • 337,100 アクセス