日々のあれこれ

日々のあれこれを呟きます。関西を愛するオバサンのブログ

ネットの詐欺商法 ネットビジネス ビジネス 日常生活

ネットビジネスを始めるきっかけ・・迷走編

投稿日:

ネットビジネスを始めようと決意をするも、自宅のパソコンが重くて使い物にならないので、パソコンを購入するまでの間どんなビジネスがあるか調べまくりました。

まず最初にネットビジネスを始めるきっかけになった、インフォプレナーのメルマガを取り始め、バックエンドという言葉も知らずに何本かネットで配信の動画を見ました。パソコンが比較的繋がりやすい時間にやっとこ配信を見てました。
生配信ではないのに「〇時から配信」とか勿体つけて、セミナーでやった動画を何本かに分けての配信でした。
それもいきなり「社長に向いてるかどうか」をテストする類のものでした。

ネットビジネスを始めるって言っても、最終的に自分の手取り月収を超えるくらい稼げたらいいと思っていたので、いきなり「経営者に向いてるか」・・・って聞かれても「ポカーン( ゚д゚)」とするしかない(笑)
自分がどうなるかもわからないのに人を雇う所まで考えが及ばないから、ホンマに「ポカーン」でした。

まだ実践はしてませんが、外注を雇うことなどは「経営」の予行演習みたいなところになるのかな~と、今なら思います。
長い長い動画を見てから、今度は高額塾の入塾の案内(無料で動画を配信してから高額なセミナーや商材の購入を進めることをバックエンドというらしいです)2年実践して成果が上がらなかったら全額返金というものでした。金額は20万円強。

今なら、この金額は個人コンサルに比べたら安い金額だったと思いますが、この時はまずパソコン購入してからと思ったので、当然手が出ませんでした。
それに内容がボリュームいっぱいで、買っただけで安心してしまいそうにも思えました。

そして、そのインフォプレナーとの対談相手だった人の方の商材なら、「失敗してもリスクが少ない金額」だったので物の試しに購入。
PDFファイルでの情報商材でこの時に初めて情報商材アフィリエイトをするときに登録する「info top」の存在を知り、購入者としてもアフィリエイターとしても登録しました。
しかしまぁ、「実践してすぐに稼げる」の謳い文句は誇大な触れ込みだと思いました。
キーワード選定などは、アフィリエイトやアドセンスをするに当たり、参考にはなると思いますが、全くブログも立ち上げてない状態からの実践で「すぐに稼げる」とは思えませんでした。
その商材+評判で検索を掛けたら、どれもこれもキンタロウアメかと思う位同じ内容の、アフィリエイト誘導ページでちょっとガッカリ。
そして、ある事をスポンサーに許可を取る時のあいさつ文が「すいませんが~~でお願いします。」という文言を読んだら、言葉遣いにうるさい仕事をしていただけに「こんな文言アカン。これは『お忙しい所恐れ入りますが、~~~でお願いいたします。』やろ!!」と、本題から逸れるところに目が行ってしまって集中できませんでした。

あ、もしかしたら、ある程度アフィリエイトの記事が更新されてるブログなら、実践したら稼げるかもしれないですね。

スポンサーリンク

ノウハウコレクターの始まりです。

それから気になる商材の名前を見つけては評判を検索して「あーでもないこーでもない」とスマホをいじる日々。

そのうち「詐欺商材をたたくページ」にたどり着いて、正義漢を気取るブロガーに出会いました。
そこでは無料塾を開いてました。

30人限定だそうです。

なんだか香ばしいですね。

受講が無料だけど、場合によっては有料の商材の購入をお願いするとか・・・。
今なら引っ掛からないですが「無料」という言葉に見事につられました。
ネットの無料塾・・・あちこちありますが気を付けた方がいいですよ。
入塾は無料で確かに入れます。1学期から3学期まであるうち、私は2学期まで行ってしまいました。
これはどこの無料塾でもやってることらしいのですが、1学期に無料ブログの開設をさせて(アフィリが出来るシーサーかFC2を勧めて来ます)まだ受講生にライティングスキルがないからとう言う事で塾長(サイトの管理人)のブログをリライトしていい権限を与えるとか。
選民意識の植え付けですね。
私は、このブログを始める以前にアフィリやアドセンスを特に意識してない頃に無料ブログでもmixiでもブログを書いていたので「リライト」にはすごく抵抗がありました。やるなら自分の言葉でやらないと意味が無い気がしたからです。
記事によっては一部引用することもあるけど、完全パクリはやる気にならなかったです。

毎日のように「アフィリエイトブログ頑張ってますか」のメールが来ましたが、真夏の暑い時期にエアコンの無い部屋の、ろくに動かないデスクトップパソコンの前に行く気にもなれず、ただただ毎日届くメールを「どんなんかな。」と野次馬になって眺めるだけでした。

続きは次の記事で・・・。

スポンサーリンク

-ネットの詐欺商法, ネットビジネス, ビジネス, 日常生活

執筆者:

関連記事

「督促OL修行日記」から学ぶクレーム電話の対応・謝罪テクニック

今回はコールセンターにお勤めのあなたにお送りします。 長い就職活動の末にやっと見つかった職場がコールセンターだった。 友達に誘われて一緒に応募して入ってしまった場所がコールセンターだった。 ヘッドセッ …

テレホンオペレーターの仕事をしてみた~大声では言えないホンネ2~

前回は受信のホンネを投稿しました。 今度は発信する時の本音を書いてみます。 2.発信(アウトバウンド) 電話が繋がらない時間帯に、応対履歴が「不在」「留守電入力」が続くと、自分はまるで機械になっている …

寒中見舞いと喪中見舞いの文例。ペット向けの喪中はがき文例。

寒中見舞い いつごろからいつまでに出したらいい? 寒中見舞いは、松が明けてから大寒の最後の日である「節分」までに送る慣わしがありますので、1月8日~2月3日までに送りましょう。 「寒中」とは二十四節気 …

SSLを有効化 プラグインReally Simple SSL アナリティクス

SSLの作業を紹介させて頂いてます。 めんどっちぃですね(笑) ただ、これからアドセンスのアフィリエイトを考えてる人にとって、SSLの設定は必須になっていくと予想されてますので、コンテンツが多くならな …

テレホンオペレーターの仕事をしてみた~実践、傾聴+クレーム~

晴れて?着台で現場デビュー、ヘッドセットをつけて電話を掛けたり受けたり・・ですね。 ヘッドセットはほかにインカムやら、ブレストと呼ばれてます。 電話応対しながらメモを取ったりパソコンに応対記録を入力で …

人気記事

まだデータがありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • 122,184 アクセス