日々のあれこれ

日々のあれこれを呟きます。関西を愛するオバサンのブログ

サイクリング 大阪 渡し舟

大阪の渡船でサイクリング~その2「木津川渡船場」~

投稿日:2017年3月10日 更新日:

次は船の出航時刻間隔が一番長い航路になります。

木津川(きづがわ)渡船場

区間 大阪市大正区船町二丁目⇔大阪市住之江区平林北一丁目
距離 238メートル
乗船時間 1分程度
平均乗降者数 195人
参考:大阪市ホームページ

↓こちらが時刻表「木津川」は一番下です
160114jikokuhyou

船町側の木津川渡船の案内表示

 
 

この画像の手前のところに「車両関係者以外立ち入り禁止」の案内があるため一瞬迷います。


船町側の渡船場

新木津川大橋をバックに時刻表。通勤時間帯に大活躍なのがほかの航路よりより明白。

スポンサーリンク

お舟もパチリ


船上から見た新木津川大橋



わかりづらいですが、船の窓枠の傍にあべのハルカスが見えてます。

こちらはもう少し大きく撮れたあべのハルカス

船上から撮った平林北側の渡船場

時刻表を見ての通り、時間帯によっては1時間に1本しか出航してない場合があるので、船町の工場街をゆっくり回るか、あっさりと通過するかはここでどの時刻の船に乗るかで変わってくるでしょう。
ここで大正区からしばらくお別れです。
川幅も広くなり、少しばかり解放感があります。
対岸の住之江区には、まだまだ工場街が続きます。渡船場から南へ直進すると「南港通」にぶち当たります。
南港通から次の千本松渡船場に向かうため北加賀屋方面に抜けるには「柴谷橋」を上ることになります。
柴谷橋の橋げたの下にも木津川渡船の時刻表があります。

柴谷橋を自転車を押して上り、橋を渡り切ったら南港通をひたすら東に向けて走り、「地下鉄北加賀屋」の文字が見えてきたら、府道29号線を北上して南津守の交差点を左折して西に向かって走ります。
ただ、地図の通りに走らなくても次の「千本松渡船」は両側ともが螺旋状の「千本松大橋」、地元民の間では「めがね橋」と呼ばれてる特徴的な橋の真下を目指せば渡船場に到着します。

ここら辺まで来ると、途中ファーストフードやレストランもあるので、食事やトイレ休憩を取ってもいいと思います。
ここから先の渡船はどれも15分間隔で出航してるので「次を逃したらしばらく来ない」という心配はいらなくなります。
通勤だけでなく、通学や買い物での利用者も増えてくる航路ばかりとなります。

交通量も増えますので、事故に遭わないよう気を付けながら走行していきましょう。
街並みも住宅と工場、商業施設とだんだん賑やかな感じになってきます。
日常生活のにおいがしてきますね(笑)

スポンサーリンク

-サイクリング, 大阪, 渡し舟

執筆者:

関連記事

アトピーと生きる・・やり残した青春を取り戻す

出来ることなら決別したいアトピー。 色々出来る限り手を尽くし、投資をしても一進一退の繰り返しをする人もいれば、環境の変化なり努力が実るなりして回復する人もいる。 私みたいに一進一退しながら、「イヤだけ …

梅田⇔天王寺の電車が動かない!?代替にシティバス62系統

大阪シティバスからみる車窓を紹介させて頂きたいと思います。 大阪の観光は勿論、2018年6月に起きた大阪北部地震の時に電車が動かない中、 長時間の「運転見合わせ」にはならなかったシティバス。 大阪北部 …

大阪の渡船でサイクリング~その4「落合下渡船場」~

「千本松渡船」を下船したら工場街の裏道を進行方向左側に「小林公園」が見える辺りまで北上します。 日中は工場を行き来する大型車両もあるので、喉が大事な方は粉塵防護のためマスク着用を推奨します。 次の「落 …

人間関係の断捨離。縁切り神社の崖っぷち占いで悪縁断ち切り良縁GET!

人間関係の断捨離したくないですか? 人間生きていると、関わりたくなくても関わっていかないといけない人に出会います。 気にしないで無関心でいられるならそれに越したことはありませんが、 同じクラス、同じ部 …

大阪の渡船でサイクリング~その8「千歳渡船場」~

今回紹介する渡し舟最後の8航路目 千歳(ちとせ)渡船場 区間 大阪市大正区北恩加島(きたおかじま)二丁目⇔大阪市大正区鶴町四丁目 距離 371メートル 乗船時間 3~5分程度 平均乗降者数 636人/ …

人気記事

まだデータがありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • 122,527 アクセス